« セカンドライフのビジネス | トップページ | ママさんバレー上達革命【元・全日本女子バレー監督 葛和伸元 監修】オンライン版 »

2023年11月14日 (火)

ボクシング上達プログラム~テクニックで相手を倒す理論的練習法~【OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座 三谷大和 監修】オンライン版

格闘技は何であれ、勝者と敗者の差は天と地ほどの差があります。

テニスやサッカーなどなど、他の競技とは違って、
打ちのめされたり、投げられたり・・・ある種、敗者には惨めさ、情けなさが伴うことも多々あります。

全般に言えることかもしれませんが、数多ある格闘技の中でも
とりわけ【ハングリー】なイメージの強いボクシングは、
真面目に取り組む学生ボクサー、ボクシングをこよなく愛する一般社会人ボクシング愛好家であっても、そんなイメージは付きまといます。

一流をめざす選手であればあるほど、そうした勝敗へのこだわりはなおさらです。

しかしながら、勝敗を分けるのは、さして大きな能力の差だとは限りません。

極限的な打ち合いの中で、ほんの一瞬のわずかな差が、大きな結果を生みます。

ほんの一瞬のわずかな差・・・それを生むのもまた、
日頃の地道な練習、それも闇雲なキツイ練習ではなく、
合理的かつ効果的な練習を、きちんと理にかなった方法で継続することで身体が覚えていくんです。

縄跳び、シャドー、サンドバッグ、パンチングボール、
ミット打ちなどで、「技」を鍛え
ウェイトコントロール、走り込み、筋トレ・・・

「体」をひたすら痛めつけ、極限まで肉体を鍛えることで、
メンタル面、強靭な精神力「心」も鍛え上げていく

ボクシングにも、そうした「心・技・体」の鍛錬は避けることはできません。

誰もが同じようにやっている、トレーニング・・・

同じであるにも関わらず、上達するボクサー、伸び悩むボクサーがいるのはなぜでしょうか?

いいかえれば、試合で、KOを奪うボクサー、KOされるボクサーの違いです。

経験の長さ、練習の量はもちろん無関係ではありません・・・

でも、最も大きな「差」は、トレーニングの種類、密度そして量の裏側に・・・

きちんと、理にかなった理論的な練習方法を取り入れているか?

きちんとトレーニングの目的を理解したうえで、合理的かつ効率よい練習をしているか?

すべてはそこが、分かれ道なのです。

正しいボクシングの技術とトレーニングメソッドを知っているのと知らないのとでは、
あなたの今後のボクシング人生が大きく違ってくると言っても過言ではないと思います。
一番大切なことは、きちんとした個人での選手としての練習をすることだけでなく、
なるべく早くから、チームの仲間としての正しい練習を取り入れることです。

三谷先生は、色々な試合の中で、ボクシングの怖さ、素晴らしさを知り尽くしています。

また指導してきた経験から、初心者から中級者、上級者であっても
練習で陥る問題や悩みはほとんど全て把握しています。

今までの研究と指導経験があるからこそ、
あなたの問題を解決することができる自信を持っています。

この「トレーニング法」で、実際に高い効果がでることは
既に証明されているので、悩んでいる方は、ぜひ実践することをお勧めします。

三谷先生の指導を受けているボクサー多くのが、正しい練習方法を知り、効果的にスキルアップして、
それを実際の試合で活かして、勝利を勝ち取っています。

ボクシングの楽しさと試合の醍醐味、勝つ喜びは、ボクサーにとって
いかに重要なものであるかが理解できて、本当に楽しいと言っています。

成果を得た選手指導者たちは、みんな生き生きとしています。

自分の思い通りのボクシングをし、ゲームを楽しみ、そして勝利も味わう。

これは、味わった人にしか分からない喜びだと思います。

この「ボクシング上達プログラム」を、本気で実践すれば、
ボクシング選手としての総合力がグングン伸び、今のあなたのレベル
を大きく上回る成果を達成できます。

このボクシング上達プログラムをぜひ、取り入れていただき
リング上で相手選手を倒す喜びを勝ち得てくださいね。

ボクシング上達プログラム~テクニックで相手を倒す理論的練習法~【OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座 三谷大和 監修】オンライン版

« セカンドライフのビジネス | トップページ | ママさんバレー上達革命【元・全日本女子バレー監督 葛和伸元 監修】オンライン版 »

学習・自己啓発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セカンドライフのビジネス | トップページ | ママさんバレー上達革命【元・全日本女子バレー監督 葛和伸元 監修】オンライン版 »